La Masseria

当たり前のことだけど、NYはレストランが多い。
そんな中でいいレストランを探すには、ZAGATなんかを利用するわけだけど、事前に情報があるというのは安心な反面、surpriseも少ない。a0037968_6441260.jpg

今日、紹介するLa Masseriaは、うちの近所にできたばかりのイタリアン。もちろん、まだZAGATなんかには載っていない。
でも、外から見た雰囲気は、オープンテラスの開放感のある明るいおしゃれな感じだし、何よりもTheater Districtの辺りは、Downtownの方に較べると、お手頃なレストランがやや少ない。近所で「使える」レストランを見つけることの意味は大きい。
La Masseriaは、48thのBroadwayと8thの間、リッツ・プラザの1階にある。
(前に話したSocial Security Officeと同じビルだ)

建物が道路から少し奥まったところにあるので、店の前はオープンテラスになっている。
木枠のガラス扉からは、店の中も見通せるし、色遣いも明るい。印象としては、青山辺りのカフェとかにありそうな、しゃれた感じ。

中に入ると、外から見るよりも奥行きがある。右手はバーになっていて、アルコールだけというのも楽しめそうだ。

店員の雰囲気もいい。いかにもイタリア人といった感じの陽気なウェイターが、少し訛りの入った英語で、軽口をとばしたりしながら、その日のメニューの説明を的確にしてくれる。
お薦めはオッソブッコ(仔牛すね肉の煮込み)。土曜日だけの限定メニューらしいのだけど、これがよく煮込まれていて、本当に柔らかく味が出ている。
よく煮込んでいるおかげか、脂っこさはなく結構な量があるのだけど、意外とお腹に入る。

もう一つのお薦めは、黒トリュフのリゾット・・・黒トリュフが、ふんだんに使われていて、口に含むと香りが口いっぱいに広がってくる。

他にも自家製の手打ちパスタも歯応えがあって、味わい深いし、ウサギのローストも、ほとんどウサギがまるまる1匹使われていて、これまた独特の臭みを殺さない程度に使われたハーブがGood。

正直、料理のレベルはかなり高い!
それにオープンして、まだ1月ぐらいなのに、8時ぐらいになると予約をしておかないと入れないようなぐらいに既に人気店・・・・でも人気がありすぎて、入れなくなるのも困りものだ。

さて、最後に気になるお値段の方だけど、一皿の分量がかなり多いので、前菜、パスタ・リゾット、メインそれぞれを二人でシェアするような感じで十分。一皿がだいたい20~30ドルぐらいなので、飲み物を入れて一人60~80ドルぐらいというところかな?
場所を考えると、そんなものかな、という
[PR]
by 47th | 2004-11-10 06:44 | Gourmet


<< NYワインの宝庫~Vintag... APPRENTICEにみるアメリカ >>