フランシス・ダナリーのこと(2)

10年越しに夢見ていたフランシスのライブを見るチャンスは、NYにやってきてから程なく訪れた。
ある日、ふとフランシスのHPをチェックしていると、新しいライブの日程が・・・
そこには、9/21 CUTTING ROOM, NEW YORKの文字が。
場所は24th Streetのブロードウェイと6thの間。
勿論、地下鉄で行ける。
チケットなんかは売っていない、本当にただの小さなライブハウス。
正直、少し怖い気もするが、日本では絶対に見れないフランシスとあっては、背に腹は変えられない。なにごともチャレンジということで、平日仕事から戻り、食事を済ませていざ出陣!

9時からスタートということで30分ぐらい前に到着。
何か店の前には怪しい人がたむろってるけど、"Excuse me"といいながらもぐりこむ。
中にはバーカウンターと、いくつかテーブルが・・・
天井が結構高くて・・・こういうのをゴシック調というのだろうか?
9時からスタートということで、30分ぐらい余裕をみてきたんだけど、まだ前のバンドが演奏中ということで、バーで軽くいっぱい

隣の方では長髪のいかにもハードロッカーなお兄ちゃんたちが、何やら話している・・・"RUSH"とか"DREAM THEATER"とかいった単語が聞こえているところからすると、彼らもフランシス目当てらしい。
そうかと思うと、今度は偉くご年配のカップルも入ってくる・・・テーブルに座って注文を始めるが、こちらはフランシス目当てなのかどうか?

・・・・そうこうしているうちにとっくに9時を回るけど、一向に前のバンドが終わらない・・・仕方ないので、2杯目のビールを頼む・・・なんか、だんだんいい気分になってきたぞ

結局、前のバンドが終わって、入れ替えは9時半頃。近いからいいようなものの、遠かったら帰れないぞと、少し怒りつつも、ホールの中に入って、奥のボックス席でステージが見渡せるところに落ち着くと、今度は何かどきどきしてきた・・・
だって、ホールは満員でも40人ぐらいの狭さ・・・ステージなんて、紙飛行機を飛ばしたら届いちゃいそうだし(・・・飛ばさないけど)・・・本当にこんな近くで見れるのか?

そうやって、どきどきしていると、何かギター持ったおやじがステージの上に・・・
頭はちょっと薄くなり、腹も出て、少しあごのあたりもたるんでいるが・・・少し伏目がちで、にやにやとした薄笑いを浮かべているのは・・・間違いなく、フランシスだ!

今日はもう一人、キーボードにDavid Sanciousを迎えている。こちらは、年の頃は50ぐらいのいかにもJAZZ Musician然とした黒人のしぶーいおじちゃん。知らなかったんだけど、セッション・ミュージシャンとしてかなり活躍している人らしい。

2人で音合わせをしたりしてから、おもむろにフランシスがマイクに向かう。

"I'm Francis Dunnery....I am alcoholic."

ライブ・アルバムでもおなじみのMCをかますと、客席から笑いが起こる。
フランシスは、手に持ったジン・トニックを口に運ぶ。
ちょっと、顔をしかめて「これ、本当に酒?水じゃないの?」とか、更にアルコールネタをとばしてから、ギターを弾き始めた・・・cont'd
[PR]
by 47th | 2004-11-10 06:57 | Miscellaneous


<< ホームシック??~ Aux G... セントラル・パークの秋 >>