New York Wine Review (その1)~Atwater Pinot Noir 01 

Vintage New Yorkで仕入れたワイン6本。

そのうちの何本かを早速開ける機会があったので、簡単にレポートを。

まずは、前にあけたJAMESPORTのPinot Noirがなかなかよかったので、2匹目のどじょうを狙って買ったAtwater VineyardsのPinot Noir 2001。
何かの賞をとったという紹介につられて購入。ホームページによると、Atwaterというワイナリーは99年創業の比較的新しいワイナリー。
ご覧の通り、エチケットも洒落ている。
で、肝心の中身の方はといえば・・・

買ったその日に開けたのがいけなかったのか・・・スモーキーな香りで、果実系の香りは完全に奥に引っ込んでいる。
味はまろやかで悪くはないけど、ピノ・ノワール特有の酸は余り感じない。
半分ほど残して翌々日に開けてみた。
・・・おっ、果実系の香り
でも、やはり2日目。長くは続かない。味の方も、ますます角がとれてしまって、平板な印象。
・・・決しておいしくないわけではないんだけどね
デイリーワインと割り切ってみれば、というところだけど、16ドル前後の価格帯はJAMESPORTと同じ。そう思うとコスト・パフォーマンスにもちょっと疑問が残る。

ま、ボトル・コンデションもあるだろうし、まだまだ若いワイナリー。
翌々日に見せた可能性を評価して、次に期待ということで・・・
[PR]
by 47th | 2004-11-10 07:07 | Wine


New Yorkはイベント続き >>