カテゴリ:Wine( 2 )

New York Wine Review (その1)~Atwater Pinot Noir 01 

Vintage New Yorkで仕入れたワイン6本。

そのうちの何本かを早速開ける機会があったので、簡単にレポートを。

まずは、前にあけたJAMESPORTのPinot Noirがなかなかよかったので、2匹目のどじょうを狙って買ったAtwater VineyardsのPinot Noir 2001。
何かの賞をとったという紹介につられて購入。ホームページによると、Atwaterというワイナリーは99年創業の比較的新しいワイナリー。
ご覧の通り、エチケットも洒落ている。
で、肝心の中身の方はといえば・・・

買ったその日に開けたのがいけなかったのか・・・スモーキーな香りで、果実系の香りは完全に奥に引っ込んでいる。
味はまろやかで悪くはないけど、ピノ・ノワール特有の酸は余り感じない。
半分ほど残して翌々日に開けてみた。
・・・おっ、果実系の香り
でも、やはり2日目。長くは続かない。味の方も、ますます角がとれてしまって、平板な印象。
・・・決しておいしくないわけではないんだけどね
デイリーワインと割り切ってみれば、というところだけど、16ドル前後の価格帯はJAMESPORTと同じ。そう思うとコスト・パフォーマンスにもちょっと疑問が残る。

ま、ボトル・コンデションもあるだろうし、まだまだ若いワイナリー。
翌々日に見せた可能性を評価して、次に期待ということで・・・
[PR]
by 47th | 2004-11-10 07:07 | Wine

NYワインの宝庫~Vintage New York

前にも紹介したように実はNew Yorkはワインの産地。
そのNew York産のワインばかりを売っている店があるという情報を仕入れ、SOHOにあるVintage New Yorkを訪れた。a0037968_6482263.jpg

店は地下鉄のブルーラインをPrince St.の駅で下りて、5分ほどのBroome St.とWooster St.の角のビルの1階。
店内は本当にNew Yorkワインだけ。赤、白、さらに品種ごとに価格順に並べられている。それぞれのワインに丁寧にコメントがつけられているのが、情報の乏しいNew Yorkワインを選ぶのにはありがたい。
奥の方はテイスティング・バーになっていて、店内のワインのほとんど全てが5ドルで5種類テイスティングできる!
スパークリングやデザートワインの試飲もOKなので、別にワインを買う気がなくてもかるーく飲みたいときや食事後にいいかも知れない。
ただし、飲む銘柄には注意
というのも、全種類テイスティングが可能というだけあって、なかにはいつ開けたか定かでないものも混じっている。
a0037968_6493168.jpg今回試飲した中でもスパークリングは完全に泡が抜け、貴腐ワインの香りがするワインビネガー化しているものもあった
他にも香りが完全に閉じてしまったものや、逆に香りだけ残って味が抜けてしまったものもあった。一応、窒素ガスを充填はしているようだけど、それにも限度があるからねぇ。。。
特に試したい銘柄があるのでなければ、お店の人に品種だけ伝えてお薦めのものを選んでもらうのが間違いがないかも知れない。
・・・というわけで、テイスティング自体は、参考になったような、ならないような微妙なところ。

それでも6本買うと5%引きというのに惹かれて、白2本、赤4本を購入。
白はオーソドックスにシャルドネと珍しさにひかれてヴィオニエを。
赤はJAMESPORTのピノがよかったので、2匹目のどじょうを狙って別のワイナリーのピノを1つ。あとは、カヴェルネ主体のボルドースタイルのメリタージュを3本。
選考基準は、赤に関してはデザインを重視
というのも、全体的にみてNew Yorkワインのエチケットのデザインは、ちょっと安っぽいものが多く・・・どうせ味が分からないなら、デザインのセンスのいいものを、という発想。

しかし、デザインを侮るなかれ、ワインというのはセンスの部分が大きいので、デザインと味はそれなりの相関性を有する・・・というのがぼくの仮説。

ま、この中で「あたり」を見つけたら、また報告するので・・・ん?報告しなかったら・・・まあ、それは、きっとぼくがまた怠けているだけで、ワインのせいではない・・・はず・・・

・・・最後に、ここではさりげなくバゲットとかも売っているけど、これがなかな絶品。
お値段もお手頃なので、こちらも是非
[PR]
by 47th | 2004-11-10 06:48 | Wine