<   2004年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

APPRENTICEにみるアメリカ

“YOU are FIRED”(お前なんてクビだぁ!)

社会人なら(いや学生バイトでも)、誰かに向かって、こう言いたくなることは一度ぐらいあるはずだ。
でも、実際には、クビを切る権限がなかったり、権限はあっても人手が足りなかったり、人手は足りてても労働基準監督署が怖かったりで、ぐっと言葉を飲み込んでしまう・・・
(中には、少しでも気にさわることがあると「お前なんかやめちまえ」と騒ぐ人もいるんだろうけど・・・いや、別に特定の誰かを念頭に置いているわけではないのだけど・・・)

NBC系で毎週木曜日夜9時(ET)からやっているAPPRENTICEは、そんな世の人のストレス解消番組・・・というわけではないのだけど、Donald Trumpの”YOU are FIRED”というキメ台詞はNewsweekの表紙まで飾ってしまうぐらい有名になっている。
松井が住んでいることで有名なトランプ・タワーをはじめ、マンハッタンで数多くの不動産を管理・運営する大富豪のDonald Trumpが、何れ劣らぬ経歴の18人の男女を全米から募り、彼らを2チームに分けて毎週ある「お題」を与えて競わせる。勝ったチームには豪華ディナーやVIPとの懇談が待っているが、負けたチームはBoardroomに呼ばれて、さんざん責任のなすりつけあいをした後で、最終的にTrumpが一人を選んで”YOU are FIRED!”ということになる。

お題は毎週色々・・・子供相手の新しいおもちゃの考案だったり、新しい味のアイスクリームを作って売ったり、レストランのプロモーションだったり、犬相手のビジネスだったり・・・まあ、正直言って、本当にこれで実業家としての資質が分かるのか、疑問がないわけでもない

さて、しかし、この番組の見所はチームの勝負そのものではない。
見るべきは、負けチームの中での責任の擦り付け合いの凄まじさである。
ここには、「敗軍の将、兵を語らず」などという美学はひとかけらも存在しない。誰かが少しでも自分の非を認めようものなら、あっという間に集中砲火を浴びて蜂の巣状態になることは必至だ。
ともかくお互いに相手のミスは100倍にして、自分のミスは黙殺する。日本人なら「厚顔無恥」と非難の的になりそうだが、皆が皆同じような行動様式をとると、ある意味寸止めなしの格闘技のようなもので、逆にエンターテイメント性すら帯びてくる。

新しい味のアイスクリームを考案して、街角で売って、売り上げを競うというお題では、朝の動き出しの時間が相手チームより遥かに遅く朝の売り上げで大きく水を開けられた上に、屋台のロケーションで認可が必要なことを事前に確認していなかったために、屋台の移動を余儀なくされ、次の候補地について事前に考えていなかったので、放浪して時間を浪費・・・当然、大差で敗北。

← 問題のアイス(一般に売られてます)

普通に考えれば、どう見てもプランニング・ミスだし、マネッジに問題があるとしか思えないのだが、このときのプロジェクト・マネージャー(毎回各チームの一人が指名される)のIvanaは、屋台の場所を移動するときにStacy Jが「誤った情報」を伝えたために、合流が遅れたのが全ての原因だという主張を展開する・・・しかし、ちょっと待て・・・Ivanaの主張する「誤った情報」というのは、Stacy Jは屋台の場所を42ndの7th Avenueと伝えたけど、実際には42ndのBroadwayだったというもの・・・NYの土地勘が少しでもある人なら分かると思うけど、Broadwayと7th Avenueは、44thのあたりで交わっていて、42ndでも半ブロックも離れていない。ちょっと辺りを見渡せば、簡単に見つかる・・・そのことを指摘されても、なおIvanaは自分は悪くない、悪いのはStacy Jだと言い張る。ついには、Stacy Jはチームワークを乱すとか、単なる個人攻撃の領域に入り込んでいく。
・・・アメリカには「往生際が悪い」という概念はないとしか思えない。

ところが、結局、”FIRE”されたのは、チーム唯一の男性メンバーBradford。理由は、「ええかっこしぃ」だから・・・話すとややこしいが、Bradfordはその前の週に勝利チームのプロジェクト・マネージャーなので、本当なら今回はクビの対象とはならない・・・ところが、Bradfordは責任の擦り付け合いの最中に「自分はクビにされるような失敗はしていないと思っているけど、皆と対等の立場でいたいから、(クビ免除の)特権を放棄する」とか言い出す。その態度がいけすかなかったらしく、Trumpは「君は一番優秀だと思うけど、特権を放棄するなんてSTUPIDだ。そんなSTUPIDな奴は会社を駄目にするんじゃぁ」ということで、

YOU are FIRED

・・・正直、分かったような分からんような理由・・・というより、結局アイスクリーム勝負はなんだったんだ?・・・という感じで続いていく(なお、結局次の週に、Stacy Jは、「お前は皆に嫌われてるんじゃぁ」ということで、YOU are FIRED・・・Ivanaはその後はひっそりと目立たず生き残り中・・・)

ちなみに先週は、体は小さいが人の3倍は口が動くlawyerのStacy Rが「お前は口先ばっかりで責任をとらんのが気に入らんのじゃぁ」ということで、プロジェクト失敗と関係あるような関係ないような理由で”FIRED”・・・正直、プロジェクトとクビの理由の関係は、どんどん薄くなっているが、Trumpおじさんは自信満々。

Boardroomでの責任の擦り付け合いを見ていると、日本人にはこれはできないような、と思ってしまうけど・・・こんなことを平然とやれる国とお付き合いしなければならないわけで・・・日本の常識で物事を図ってはいけませんね。やっぱり
[PR]
by 47th | 2004-10-28 11:08 | Impressions

NYのPino Noir

ぼくもこっちに来るまで知らなかったのだが、New York州は実はワインの産地としても有名でたくさんのワイナリーがある。
かつて、テキサスに行ったときに、ダラスのワイナリー巡りをしたこともあるけど、そうした地ワインにはものすごく興味をそそられる。
というわけで、レストランに行ったときもなるべくNY産のワインを頼むことにしているけど、意外とNY産ワインを置いているところは少ない。
でも、これまでに出会ったNYワインは、ほとんど例外なくレベルが高い。アメリカ産ワインといえば、カリフォルニア産が有名だけど、NY産のクオリティもそれに劣らない・・・というよりも、繊細さという面ではカリフォルニア産よりもフランス産ワインに近い。

今日紹介するのは、JAMESPORTのPinot Noir 2002。
これを買ったのはChelsea MarketのChelsea Wine Vault。

ここは最近気に入っているところで、フランス産ワインもかなり充実。
この前は、ルイ・ラトゥールのコルトン・シャルルマーニュが60ドル台になっていて、思わず衝動買い。
それだけでなく、トレヴァロンの白やメオ・カミュゼのブルゴーニュも山積みで売っていたので思わず衝動買い・・・
閑話休題
もっとも、そこでも必ずしもNYワインが多いわけではなく、全部で15銘柄ほど。
実は、NYのリースリングのレベルが高いのは、既に別のワインで確かめてていたのだけど、今回は赤ワインの実力を測るべく、赤の中でも最も難しいといわれるピノ・ノワールを選んでみようと思ってみると、あったのはこのJAMESPORTただ一つ。
お値段は16ドル程度。デイリーというには、少しお高いかも知れないが、決して高級ワインの値段ではない。

期待と不安を込めてコルクを抜く。
色合いは若いワインらしくきれいなルビー色。
色合いはカリフォルニアのピノに比べると薄目。どちらかというと、ブルゴーニュ、それも北の方を思わせる色合い。
まずは静かにグラスをとって、香りを確かめる。
華やかなラズベリーやフランボワーズを思わせる果実系の香りが立ち上る。樽香は余り強く感じない。
軽くグラスを回して空気に馴染ませてから、再度香りを確かめると、果実系の香りの奥から、かすかに動物系の香り。
とても、16ドルのワインとは思えない奥行きを持った香り。

一気に期待をふくらませて、口をつける。決して強くはないが、ピノならではなのしっかりとした酸を感じる。すっきりとしたとてもきれいな造りのワインだ。
ABCやカレラのような強烈な個性は感じないけど、その分、普通にブルゴーニュの信頼できる作り手の村名ワインといって出されても違和感を感じない。
フィニッシュも十分に長い。

時間を置いての変化というのは余り感じなかったけど、まだ若いワインだし、値段を考えれば、そこはしょうがない。
それを差し引いても、これだけのクオリティがあれば申し分ない。
衝動買いしてしまったメオカミュのブルゴーニュは30ドル弱。約2倍の価格差だが、今の時点で、どちらに軍配をあげるかといえば、文句なしにこちら。
しばらくの間、NYでの普段飲みのローテイション入りは当確というところかな?
[PR]
by 47th | 2004-10-27 03:15 | Miscellaneous

移転先サイトのダウンにつき・・・

blogの引越しをアナウンスしたばかりなのですが、早速、新しいサイトがトラブルで丸1日以上ダウンしてしまいました。
色々機能を付加できる分、サーバー負荷も高いのかも知れません・・・今回はデータ等は無事だったのですが、つまらない文章とはいえ、今まで書いたものが万が一全部ふっとんだりしたら、とても悲しいので、こちらのExciteの方もバックアップとして継続して運営することにしました。
といっても、あくまで目的はバックアップなので、画像等は再現していません。
勿論、あっちのサイトで使っている顔文字なんかも使えないので、基本的にはドリコムのblogの方をご覧下さい。
[PR]
by 47th | 2004-10-27 03:00 | Miscellaneous

Blog移転しました!

さて、まだ始めて間もないのに、何だと思われるかも知れませんが、友達のblogを見ていたら、もう少し色々なことがやってみたくなって、もう少し色々と遊べるところに移ってみました。
新しいblogへは、こちらをクリックしてみて下さい。
右下の方で占いもできます。
あと、うさぎも1匹かっているので、かわいがってやって下さい。
[PR]
by 47th | 2004-10-23 12:23 | Miscellaneous

Congratulations! RED SOX!

3連敗のあとの4連勝でRED SOXが見事にア・リーグの優勝決定戦を制した。
幸いなことに(?)、まだNYに来て3か月でYANKEES熱に感染していないので、今回のプレーオフは、どちらに肩入れするという訳でもなかったのだけど、3連敗のあと、集中力とmotivationを欠かすことなく、僅かな可能性を追求したRED SOXは優勝に相応しい戦いぶりだった。
実際、9月にBaltimoreとの試合で降板後、思い切り壁を殴りつけて左拳を骨折したKEVIN BROWNがフォアボールを出した末の満塁HRで2回で早々にマウンドを降りた後、怒りも見せずに黙ってダグアウト裏に引っ込んでいく姿が妙に寂しく、何が何でも勝ちにいくという気迫が何となく欠けているように見えた。
それに比べてRED SOXのチームとしての一体感は素晴らしかった。
ワールド・シリーズで盛り上がるNYを見てみたい気もしたけれど、ここは素直にRED SOXおめでとうと言っておこう。

それにしても、ここ数日仕事先でも話題はこの優勝決定戦ばかり。
確かに色々と因縁もあって面白いカードではあるけれど、それにしてもこの盛り上がりは凄い。
同じ国民的スポーツと言ってみても、日本シリーズの盛り上がりとはどこか違う・・・

勿論、国民性とかも色々あるんだろうけど・・・
MLBの方がプロ野球よりも面白いからという声もあるけど、実はぼくにとってはそうでもない。
配球や試合全体での戦術的な部分は日本のプロ野球の方が勝っている面もあるし、いくらHRが多いといっても、緊張感のない乱打戦はやはりあきられる。
・・・コンテンツとしての内容でそんなに劣っているとは思わないのだけど、日本では視聴率は低下して、球団経営は赤字で損失覚悟、パ・リーグの球団経営は年間30億円の赤字を引き受ける覚悟がいるらしい・・・
でも、それって何か変な気が・・・いくら低迷しているとはいえ、日本の国民的スポーツと称されるプロ野球の球団が十億単位の赤字って・・・世界中でスポーツがコンテンツビジネスとして、引く手あまたの状況にあって、日本のトップ・スポーツの球団経営が成り立たないって、何かおかしい・・・じゃあ、Jリーグは?というと、儲かるとまでは言えないらしいけど、決して損失覚悟のビジネスという訳でもないらしい?
じゃあ、日本のプロ野球の低迷の原因はどこにあるんだろう・・・
MLBを見ていると、試合そのものから離れて、ふとそんなことを思ってしまう、今日このごろ・・・ま、その話はまた今度するとして、とりあえず今夜はRED SOXおめでとう、ということで!
[PR]
by 47th | 2004-10-21 13:51 | Miscellaneous

MLBもりあがってます、それにひきかえ?

日本でも日本シリーズのようですが、こちらは目下ア・リーグ、ナ・リーグそれぞれのプレーオフも大詰め。
仕事から戻ってRED SOX v. YANKEES第5戦を見始めたら、結局試合が終わったのは11時・・・最後の方はテレビで見ている方が寒くなるぐらいボストンは寒そうでしたが、寒さの中でも全く帰る気配もなく、必死に地元チームを応援するファンの姿はけなげだった。
それに応えるような、最後のORTIZのサヨナラヒット・・・というよりも、正直YANKEES SIDEは押さえる球がなくなるぐらい、凄い集中力だった。
まあ、YANKEESの3連勝で始まったプレーオフも、RED SOXの連続サヨナラ勝ちで大分面白くなってきた、というところかな?
正直、MLBでは特定の贔屓のチームがあるわけではないので、まあ面白い試合が見れればいいかなというところだけど、一応NY在住ということで7戦までもつれた上でYANKEESがワールド・シリーズ進出というのを期待。

ナ・リーグの方もなかなか盛り上がっていて、YANKEES v. RED SOXが終わった後に、そのままASTOROS v. CARDINALESだったんだけど、見ていたら9回裏JEFF KENTの劇的なサヨナラ・ホームラン!
アストロ・ドームも最後は大変なお祭り騒ぎ・・・この地元が一体となった盛り上がりは本当に凄い。
そして、6時間近くのゲームの打ち切りなしの放送・・・

それにひき換え、日本のプロ野球界は、相変わらずグラウンドの中よりも外の方が騒がしいみたいだけど・・・いったい、どこで「メジャーリーグ「と「プロ野球」の間が開いてしまったんだろう・・・cont'd
[PR]
by 47th | 2004-10-19 13:10 | Miscellaneous

BROOKLYN THE MUSICAL ~ 魅せる「歌」

さて、42ndとBlue Man Groupの後もちょこちょことミュージカルには行っており、Mamma Mia!, Chicago, MOVIN' OUTなども見ているので、本当はそちらの方から先にレポートすべきなのだろうけど、この週末に見たBROOKLYN THE MUSICALの印象がとても強かったので、忘れないうちに、ごく簡単に、紹介しておきたい。

"BROOKLYN THE MUSICAL"というのは、その名の通り、マンハッタンの南東に位置するブルックリンを舞台にしたミュージカルで、SINGERの女の子がBROOKLYNというキーワードだけを頼りに父親を探しにいく・・・というお話自体は、正直、どうでもいい。(しかも、ラップなみのスラングだらけマシンガン・トークは、とてもNY在住3か月の耳には追えない・・・)

このショーの凄みは、一にも二にも、その「歌」にある。
まず圧倒されるのは、その歌唱力。特に BROOKLYN(主人公の名前にもなっている)役とPARADISE(BROOKLYNのライバル?の黒人シンガー)役の二人の歌唱力は、圧倒的なものがある。
声量の大きさ、音域の広さは言うに及ばず、それ以上に目を見張るのがリズム感と表現力・・・同じメロディーでも場面に応じて、違う色彩を帯びる。
そして、ともすれば歌唱力の影に隠れてしまいそうになるけれども、楽曲のセンスもすばらしい・・・ジャズ、ロック、R&B、ラップ色々な音楽の要素が織り込まれながら、根底のところでメロディのPOPさや、楽曲の統一性が失われていない、巧みなバランス・・・直接の関連性はないのだけど、不思議とCAMELを想起させる・・・(この喩えの方が分かりにくいか、普通・・・)
ともかく、個人的にこの楽曲スタイルは物凄く「つぼ」で、休憩なしの1時間半以上のショーが、本当に短く感じた。

そうそう、見所は歌ばかりではない。ネタバレになるのでやめておくけど、衣装、特にBROOKLYNとPARADISEのMSGでの対決の衣装は見物。かなり笑えることは間違いない。

BROOKLYNは、始まったばかり(実のところ10/25まではPreview状態)で、まだ、そんなに知られているわけではないかも知れないけど、この「歌」は一見(一聴?)の価値はある。機会があれば、是非見て欲しい。

P.S. ちなみにホームページでは、使われている楽曲の中から4曲が試聴できる。どの曲のお薦めだけど・・・まずは、テーマ曲的に使われているONECE UPON A TIMEかな?・・・うーん、でもStreetsingerもいいし・・・まあ、とにかく聞いてみて欲しい。
[PR]
by 47th | 2004-10-19 07:42 | Entertaiments

RUSH(2)

写真で見たことのあるRADIO CITY HALLは、何だか多分昔からのファン(何せ30周年だから)のお年を召した方から、DREAM THEATERのT-シャツを着た長髪の見るからにメタル兄ちゃんまで色々な人々で溢れかえっていた・・・しかし、あれほどNYではどこに言ってもみかける「日本人」は、その日のRADIO CITYでは全然見かけなかった。

 コンサートは30周年記念というに相応しいRUSH MUSICの集大成。本当にここ何年も聞いていなくても、体が覚えているというのはこのことで、”2112”や”MOVING PICTURES”の曲に、自然と体が反応する。個人的に嬉しかったのは、昔聞き込んだ”COUNTER PARTS”から”Animate me”をやってくれたこと(ただ、サウンド・プロダクションが今ひとつで音がこもり気味だったのが残念・・・)。
 見所は色々あったが、圧巻だったのはニール・パートのドラム。コージー・パウエルこそ実物を見ることはできなかったものの(→痛恨・・・)、上手いと言われるドラマーは色々見てきた。でも、ニール・パートには参った。「手数王」とは、よく言ったものだ。ずらりと並んだタムやシンバル、カウベル(カウベルだけで何種類も用意するかな、普通・・・)、シンセパッドを、時には両手を交差させ、信じられないような正確さとスピードで叩いていくのを見ていると、本当に手が4,5本あるんじゃないかという気がしてくる。それ以上に凄いのは、その緩急自在のリズム感と構成力。
 凄く極端な言い方をすれば、ロック系のドラマーの多くは「生きたリズム・マシン」で、こういうタイプのドラマーは曲のバックでドラムを叩いているうちはいいものの、ドラム・ソロなんかやらせた日には、見ている方からすると、その間にもう1曲やってくれ、という感じになる(典型は、日本でも(だけ?)人気があったMr.何某かのドラマー・・・バンドとしては、凄く好きだけど、あのドラム・ソロは・・・ベーシストが芸達者なだけに余計そのつまらなさが際立ってしまう・・・それ以前にリズム・マシンとしても×なドラマーもいるけど・・・)。けれども、ごくまれに打楽器であるドラムだけで、一つの音楽を成り立たせてしまうことのできるリズム・マスターとでも呼ぶべき存在がいる。こういうドラマーに共通しているのは、スネア一つの緩急と強弱だけで観客をひきつけることができるということ(THIN LIZZYのブライアン・ダウニーがそうだった)。
 ニール・パートは手数で勝負したかと思えば、一転、スネア一つで勝負する。どんな場でもてんで勝手にしゃべりまくるNYの観客が、この時だけは固唾を飲んでニールのドラム・ソロに魅入っていたのが印象的だった。

 NYに来て、コンサートのスケジュールをチェックすると、本当に驚く。マンハッタンではなかったのであきらめたけど、同じ頃ロングアイランドではDEEP PURPLE / THIN LIZZY / Joe Satorianiなんていう信じられないようなカップリングのコンサートが行われていたし(PURPLEにリッチーかジョンのどちらかがいれば、万難排して行ったかも知れないが、二人ともいないPURPLEって・・・)、他にもUFO, Michael Schenker (同じような時期にNYでやるとは。。。喧嘩とか起きなきゃいいけど), Kip Winger, TWISTED SISTER (まだ生きてたんだ・・・), FOGHAT (!!), Johnny Winter, YES, HEART, Motorhead, Dio, Anthrax, Monster Magnet, Lynch Mob, KANSAS・・・日本では消息もよく分からないアーティストたちが頻繁にライブをやっている(ここに挙げた名前が全て分かったら、大したものです)。

 そして、何よりも、ぼくのMost Favoriteを5本挙げろと言われたら、THIN LIZZYと並んで絶対に外れることのない、Francis Dunnery・・・本物を見ることはできないかも知れないと半ばあきらめていた彼もまたNYでライブをやっていた。
 チェルシーのさびれたライブハウスで、30人ほどの観客を相手に歌うフランシス・・・大げさかも知れないが、それだけでもNYに来た意味があったような気がした・・・その話はまた今度。
[PR]
by 47th | 2004-10-15 13:03 | Entertaiments

RUSH(1)

 日本での海外アーティストのライブというのは、今やそれほど珍しくはない。TOP40入りしたアーティストのアルバムは日本でも殆どタイムラグなく発売され、来日公演もすぐに企画される。
 東京では、いつでもどこかで「来日公演」が開かれている。
 でも、それでも日本では絶対に見ることのできないアーティストというのは存在する。
 その一つがカナダ出身のトリオ・ロック・バンド”RUSH”だ。
 “RUSH”を初めて聞いたのは、高校時代、バンドを一緒に組んでいた友達の下宿で、「今度これをやろうぜ」と言って聞かされたときだった。やたら音数が多くテクニカルな演奏に「人数が足りない」と言って却下しようとしたぼくに向かって、天然パーマが爆発した怪しいベーシストは「大丈夫、これ3人でやってるから、しかもライブで」とにやりと微笑んだ。哲学的で韻を含んだ歌詞を歌いあげながら、右手で開放弦を使ったベースラインを操り、左手でキーボードを叩き、足元ではシンセ・ペダルを踏むゲディ・リーが「蛸男」と呼ばれるのを知ったのは後のことだ。
 けれども、黒板を爪で引っかいたときの音に似ていなくもないゲディ・リーの独特なハイトーン・ボイスと、一体どこが小節の区切りなのか分からない変拍子は、LAメタルをこよなく愛する早弾き命のギター少年には難しすぎた。
 “RUSH”を再発見したのは、気がつくとKING CRIMSONの”RED”を口ずさみ、P.F.M.なんていうイタリアのバンドのフルネームをすらすらと言えるようになった大学時代だった。
 でも、既にその頃にはRUSHは日本に来ない、というのは定説になっていた。理由については、1984年の一度だけの来日公演でのレンタル機材がお気に召さなかったという説がどうも強いらしいけど、ともかく以後噂はあれど来日公演は実現していない。
 そのRUSHがNYのRADIO CITY MUSIC HALLでバンド結成30周年記念のコンサートを行うことを知ったのは偶然だった。観光名所としても有名なRADIO CITYの前を通ったときに見た”RUSH”という文字。一度通り過ぎたところを戻って確認したけど、やっぱり”RUSH”・・・
 TICKETMASTERでチェックして、ややお高めながらチケットを入手・・・と、言いたいところだが、これがまた一苦労。
アメリカに来たばかりで、ドル建てのカードをまだ持っていなかったので、日本のカードで決済しようとすると、住所が違うので決済できない・・・
またまたカスタマーサービスに電話して(・・・なんかこういうことが前にもあったような・・・)、ごちゃごちゃとした結果、直接ボックス・オフィスにパスポートとクレジット・カードを持ってとりに行けということで落ち着いて・・・?ん、それって、ネットでとった意味がないんじゃないか?・・・
まあ、そうやって何やかやでチケットを手に入れて、当日、気合いを入れていざRADIOCITYへ!・・・・cont'd
[PR]
by 47th | 2004-10-14 12:59 | Entertaiments

再開

何かしばらく更新をさぼっていたら、色々な人からお叱りを受けてしまいました。
NYは大分寒くなってきましたが、また折りを見て更新していこうと思います。
ちょっとディープなネタもあると思いますが、それはまあ、そういうものだと思って、読み流して下さい。
とりあえず、ディープネタ音楽編その1という感じで、RUSHを見た話から・・・
[PR]
by 47th | 2004-10-14 12:43 | Miscellaneous