Blog移転しました!

さて、まだ始めて間もないのに、何だと思われるかも知れませんが、友達のblogを見ていたら、もう少し色々なことがやってみたくなって、もう少し色々と遊べるところに移ってみました。
新しいblogへは、こちらをクリックしてみて下さい。
右下の方で占いもできます。
あと、うさぎも1匹かっているので、かわいがってやって下さい。
[PR]
# by 47th | 2004-10-23 12:23 | Miscellaneous

Congratulations! RED SOX!

3連敗のあとの4連勝でRED SOXが見事にア・リーグの優勝決定戦を制した。
幸いなことに(?)、まだNYに来て3か月でYANKEES熱に感染していないので、今回のプレーオフは、どちらに肩入れするという訳でもなかったのだけど、3連敗のあと、集中力とmotivationを欠かすことなく、僅かな可能性を追求したRED SOXは優勝に相応しい戦いぶりだった。
実際、9月にBaltimoreとの試合で降板後、思い切り壁を殴りつけて左拳を骨折したKEVIN BROWNがフォアボールを出した末の満塁HRで2回で早々にマウンドを降りた後、怒りも見せずに黙ってダグアウト裏に引っ込んでいく姿が妙に寂しく、何が何でも勝ちにいくという気迫が何となく欠けているように見えた。
それに比べてRED SOXのチームとしての一体感は素晴らしかった。
ワールド・シリーズで盛り上がるNYを見てみたい気もしたけれど、ここは素直にRED SOXおめでとうと言っておこう。

それにしても、ここ数日仕事先でも話題はこの優勝決定戦ばかり。
確かに色々と因縁もあって面白いカードではあるけれど、それにしてもこの盛り上がりは凄い。
同じ国民的スポーツと言ってみても、日本シリーズの盛り上がりとはどこか違う・・・

勿論、国民性とかも色々あるんだろうけど・・・
MLBの方がプロ野球よりも面白いからという声もあるけど、実はぼくにとってはそうでもない。
配球や試合全体での戦術的な部分は日本のプロ野球の方が勝っている面もあるし、いくらHRが多いといっても、緊張感のない乱打戦はやはりあきられる。
・・・コンテンツとしての内容でそんなに劣っているとは思わないのだけど、日本では視聴率は低下して、球団経営は赤字で損失覚悟、パ・リーグの球団経営は年間30億円の赤字を引き受ける覚悟がいるらしい・・・
でも、それって何か変な気が・・・いくら低迷しているとはいえ、日本の国民的スポーツと称されるプロ野球の球団が十億単位の赤字って・・・世界中でスポーツがコンテンツビジネスとして、引く手あまたの状況にあって、日本のトップ・スポーツの球団経営が成り立たないって、何かおかしい・・・じゃあ、Jリーグは?というと、儲かるとまでは言えないらしいけど、決して損失覚悟のビジネスという訳でもないらしい?
じゃあ、日本のプロ野球の低迷の原因はどこにあるんだろう・・・
MLBを見ていると、試合そのものから離れて、ふとそんなことを思ってしまう、今日このごろ・・・ま、その話はまた今度するとして、とりあえず今夜はRED SOXおめでとう、ということで!
[PR]
# by 47th | 2004-10-21 13:51 | Miscellaneous

MLBもりあがってます、それにひきかえ?

日本でも日本シリーズのようですが、こちらは目下ア・リーグ、ナ・リーグそれぞれのプレーオフも大詰め。
仕事から戻ってRED SOX v. YANKEES第5戦を見始めたら、結局試合が終わったのは11時・・・最後の方はテレビで見ている方が寒くなるぐらいボストンは寒そうでしたが、寒さの中でも全く帰る気配もなく、必死に地元チームを応援するファンの姿はけなげだった。
それに応えるような、最後のORTIZのサヨナラヒット・・・というよりも、正直YANKEES SIDEは押さえる球がなくなるぐらい、凄い集中力だった。
まあ、YANKEESの3連勝で始まったプレーオフも、RED SOXの連続サヨナラ勝ちで大分面白くなってきた、というところかな?
正直、MLBでは特定の贔屓のチームがあるわけではないので、まあ面白い試合が見れればいいかなというところだけど、一応NY在住ということで7戦までもつれた上でYANKEESがワールド・シリーズ進出というのを期待。

ナ・リーグの方もなかなか盛り上がっていて、YANKEES v. RED SOXが終わった後に、そのままASTOROS v. CARDINALESだったんだけど、見ていたら9回裏JEFF KENTの劇的なサヨナラ・ホームラン!
アストロ・ドームも最後は大変なお祭り騒ぎ・・・この地元が一体となった盛り上がりは本当に凄い。
そして、6時間近くのゲームの打ち切りなしの放送・・・

それにひき換え、日本のプロ野球界は、相変わらずグラウンドの中よりも外の方が騒がしいみたいだけど・・・いったい、どこで「メジャーリーグ「と「プロ野球」の間が開いてしまったんだろう・・・cont'd
[PR]
# by 47th | 2004-10-19 13:10 | Miscellaneous

BROOKLYN THE MUSICAL ~ 魅せる「歌」

さて、42ndとBlue Man Groupの後もちょこちょことミュージカルには行っており、Mamma Mia!, Chicago, MOVIN' OUTなども見ているので、本当はそちらの方から先にレポートすべきなのだろうけど、この週末に見たBROOKLYN THE MUSICALの印象がとても強かったので、忘れないうちに、ごく簡単に、紹介しておきたい。

"BROOKLYN THE MUSICAL"というのは、その名の通り、マンハッタンの南東に位置するブルックリンを舞台にしたミュージカルで、SINGERの女の子がBROOKLYNというキーワードだけを頼りに父親を探しにいく・・・というお話自体は、正直、どうでもいい。(しかも、ラップなみのスラングだらけマシンガン・トークは、とてもNY在住3か月の耳には追えない・・・)

このショーの凄みは、一にも二にも、その「歌」にある。
まず圧倒されるのは、その歌唱力。特に BROOKLYN(主人公の名前にもなっている)役とPARADISE(BROOKLYNのライバル?の黒人シンガー)役の二人の歌唱力は、圧倒的なものがある。
声量の大きさ、音域の広さは言うに及ばず、それ以上に目を見張るのがリズム感と表現力・・・同じメロディーでも場面に応じて、違う色彩を帯びる。
そして、ともすれば歌唱力の影に隠れてしまいそうになるけれども、楽曲のセンスもすばらしい・・・ジャズ、ロック、R&B、ラップ色々な音楽の要素が織り込まれながら、根底のところでメロディのPOPさや、楽曲の統一性が失われていない、巧みなバランス・・・直接の関連性はないのだけど、不思議とCAMELを想起させる・・・(この喩えの方が分かりにくいか、普通・・・)
ともかく、個人的にこの楽曲スタイルは物凄く「つぼ」で、休憩なしの1時間半以上のショーが、本当に短く感じた。

そうそう、見所は歌ばかりではない。ネタバレになるのでやめておくけど、衣装、特にBROOKLYNとPARADISEのMSGでの対決の衣装は見物。かなり笑えることは間違いない。

BROOKLYNは、始まったばかり(実のところ10/25まではPreview状態)で、まだ、そんなに知られているわけではないかも知れないけど、この「歌」は一見(一聴?)の価値はある。機会があれば、是非見て欲しい。

P.S. ちなみにホームページでは、使われている楽曲の中から4曲が試聴できる。どの曲のお薦めだけど・・・まずは、テーマ曲的に使われているONECE UPON A TIMEかな?・・・うーん、でもStreetsingerもいいし・・・まあ、とにかく聞いてみて欲しい。
[PR]
# by 47th | 2004-10-19 07:42 | Entertaiments

RUSH(2)

写真で見たことのあるRADIO CITY HALLは、何だか多分昔からのファン(何せ30周年だから)のお年を召した方から、DREAM THEATERのT-シャツを着た長髪の見るからにメタル兄ちゃんまで色々な人々で溢れかえっていた・・・しかし、あれほどNYではどこに言ってもみかける「日本人」は、その日のRADIO CITYでは全然見かけなかった。

 コンサートは30周年記念というに相応しいRUSH MUSICの集大成。本当にここ何年も聞いていなくても、体が覚えているというのはこのことで、”2112”や”MOVING PICTURES”の曲に、自然と体が反応する。個人的に嬉しかったのは、昔聞き込んだ”COUNTER PARTS”から”Animate me”をやってくれたこと(ただ、サウンド・プロダクションが今ひとつで音がこもり気味だったのが残念・・・)。
 見所は色々あったが、圧巻だったのはニール・パートのドラム。コージー・パウエルこそ実物を見ることはできなかったものの(→痛恨・・・)、上手いと言われるドラマーは色々見てきた。でも、ニール・パートには参った。「手数王」とは、よく言ったものだ。ずらりと並んだタムやシンバル、カウベル(カウベルだけで何種類も用意するかな、普通・・・)、シンセパッドを、時には両手を交差させ、信じられないような正確さとスピードで叩いていくのを見ていると、本当に手が4,5本あるんじゃないかという気がしてくる。それ以上に凄いのは、その緩急自在のリズム感と構成力。
 凄く極端な言い方をすれば、ロック系のドラマーの多くは「生きたリズム・マシン」で、こういうタイプのドラマーは曲のバックでドラムを叩いているうちはいいものの、ドラム・ソロなんかやらせた日には、見ている方からすると、その間にもう1曲やってくれ、という感じになる(典型は、日本でも(だけ?)人気があったMr.何某かのドラマー・・・バンドとしては、凄く好きだけど、あのドラム・ソロは・・・ベーシストが芸達者なだけに余計そのつまらなさが際立ってしまう・・・それ以前にリズム・マシンとしても×なドラマーもいるけど・・・)。けれども、ごくまれに打楽器であるドラムだけで、一つの音楽を成り立たせてしまうことのできるリズム・マスターとでも呼ぶべき存在がいる。こういうドラマーに共通しているのは、スネア一つの緩急と強弱だけで観客をひきつけることができるということ(THIN LIZZYのブライアン・ダウニーがそうだった)。
 ニール・パートは手数で勝負したかと思えば、一転、スネア一つで勝負する。どんな場でもてんで勝手にしゃべりまくるNYの観客が、この時だけは固唾を飲んでニールのドラム・ソロに魅入っていたのが印象的だった。

 NYに来て、コンサートのスケジュールをチェックすると、本当に驚く。マンハッタンではなかったのであきらめたけど、同じ頃ロングアイランドではDEEP PURPLE / THIN LIZZY / Joe Satorianiなんていう信じられないようなカップリングのコンサートが行われていたし(PURPLEにリッチーかジョンのどちらかがいれば、万難排して行ったかも知れないが、二人ともいないPURPLEって・・・)、他にもUFO, Michael Schenker (同じような時期にNYでやるとは。。。喧嘩とか起きなきゃいいけど), Kip Winger, TWISTED SISTER (まだ生きてたんだ・・・), FOGHAT (!!), Johnny Winter, YES, HEART, Motorhead, Dio, Anthrax, Monster Magnet, Lynch Mob, KANSAS・・・日本では消息もよく分からないアーティストたちが頻繁にライブをやっている(ここに挙げた名前が全て分かったら、大したものです)。

 そして、何よりも、ぼくのMost Favoriteを5本挙げろと言われたら、THIN LIZZYと並んで絶対に外れることのない、Francis Dunnery・・・本物を見ることはできないかも知れないと半ばあきらめていた彼もまたNYでライブをやっていた。
 チェルシーのさびれたライブハウスで、30人ほどの観客を相手に歌うフランシス・・・大げさかも知れないが、それだけでもNYに来た意味があったような気がした・・・その話はまた今度。
[PR]
# by 47th | 2004-10-15 13:03 | Entertaiments

RUSH(1)

 日本での海外アーティストのライブというのは、今やそれほど珍しくはない。TOP40入りしたアーティストのアルバムは日本でも殆どタイムラグなく発売され、来日公演もすぐに企画される。
 東京では、いつでもどこかで「来日公演」が開かれている。
 でも、それでも日本では絶対に見ることのできないアーティストというのは存在する。
 その一つがカナダ出身のトリオ・ロック・バンド”RUSH”だ。
 “RUSH”を初めて聞いたのは、高校時代、バンドを一緒に組んでいた友達の下宿で、「今度これをやろうぜ」と言って聞かされたときだった。やたら音数が多くテクニカルな演奏に「人数が足りない」と言って却下しようとしたぼくに向かって、天然パーマが爆発した怪しいベーシストは「大丈夫、これ3人でやってるから、しかもライブで」とにやりと微笑んだ。哲学的で韻を含んだ歌詞を歌いあげながら、右手で開放弦を使ったベースラインを操り、左手でキーボードを叩き、足元ではシンセ・ペダルを踏むゲディ・リーが「蛸男」と呼ばれるのを知ったのは後のことだ。
 けれども、黒板を爪で引っかいたときの音に似ていなくもないゲディ・リーの独特なハイトーン・ボイスと、一体どこが小節の区切りなのか分からない変拍子は、LAメタルをこよなく愛する早弾き命のギター少年には難しすぎた。
 “RUSH”を再発見したのは、気がつくとKING CRIMSONの”RED”を口ずさみ、P.F.M.なんていうイタリアのバンドのフルネームをすらすらと言えるようになった大学時代だった。
 でも、既にその頃にはRUSHは日本に来ない、というのは定説になっていた。理由については、1984年の一度だけの来日公演でのレンタル機材がお気に召さなかったという説がどうも強いらしいけど、ともかく以後噂はあれど来日公演は実現していない。
 そのRUSHがNYのRADIO CITY MUSIC HALLでバンド結成30周年記念のコンサートを行うことを知ったのは偶然だった。観光名所としても有名なRADIO CITYの前を通ったときに見た”RUSH”という文字。一度通り過ぎたところを戻って確認したけど、やっぱり”RUSH”・・・
 TICKETMASTERでチェックして、ややお高めながらチケットを入手・・・と、言いたいところだが、これがまた一苦労。
アメリカに来たばかりで、ドル建てのカードをまだ持っていなかったので、日本のカードで決済しようとすると、住所が違うので決済できない・・・
またまたカスタマーサービスに電話して(・・・なんかこういうことが前にもあったような・・・)、ごちゃごちゃとした結果、直接ボックス・オフィスにパスポートとクレジット・カードを持ってとりに行けということで落ち着いて・・・?ん、それって、ネットでとった意味がないんじゃないか?・・・
まあ、そうやって何やかやでチケットを手に入れて、当日、気合いを入れていざRADIOCITYへ!・・・・cont'd
[PR]
# by 47th | 2004-10-14 12:59 | Entertaiments

再開

何かしばらく更新をさぼっていたら、色々な人からお叱りを受けてしまいました。
NYは大分寒くなってきましたが、また折りを見て更新していこうと思います。
ちょっとディープなネタもあると思いますが、それはまあ、そういうものだと思って、読み流して下さい。
とりあえず、ディープネタ音楽編その1という感じで、RUSHを見た話から・・・
[PR]
# by 47th | 2004-10-14 12:43 | Miscellaneous

New York 同窓会

8月も半ばになると9月からNYの学校や職場に行く連中もやってきて、NYの日本人サークルも賑やかになる。
というわけで、日本の職場の同僚とNYで同窓会?を開催。

参加者は、なす、じーた、はう、そす、プラス、ぼくの5人(うーん、仮名にすると、こうなんだ・・・)。
場所は54th Streetの7thと8thの間の「鳥人」(とっと)という焼鳥屋。前に日本食マニアの職場の同僚(アメリカ人)に教えてもらったところだけど、ホント、普通においしい。日本酒、焼酎も豊富ということで決定。

なす、はうとは殆ど1年ぶりだけど、なすは思ったより変わってなかった。はうは、何だか怪しい黒人ミュージシャンかハワイの現地人状態・・・君は北国(Boston)にいたはずじゃなかったのか?

何だか周りも日本人ばっかりだし、この面子で飲むと東京にいるみたいな感じになる(但し、東京だと開始時間は12時を回ってからだけど・・・)
再会を祝しての生ビールでの乾杯に続き、なすとじーたは2杯目から早くも焼酎ロックをオーダーし始める。この辺りから既になすはご機嫌で、危険な雰囲気が漂い始める。
じーたも、いつもの感じ(?)でウェイトレスのお姉さんに絡みつつ、あっさりかわされる・・・一応、本人の名誉のために言うと、じーたの絡み方は別にセクハラ系やおやじ系ではなく、どうリアクションしたらいいのか判らないぼけをかますだけだけど(・・・?ん、名誉維持になってる?)

7時半にスタートしたのが、気がつくと11時過ぎ。
回転の早いNYのレストランで、こんなに長居する客は他にいない。
しかし、みんなもうかなりご機嫌。
焼酎はボトルで頼んだ方がお得な状態(会計の時に確認したら、グラスで16杯・・・殆どなすとじーたで飲んでいる)。
ぼくも日本酒を種類を変えて4,5杯ぐらい飲んで、焼酎に切り替え。
こんなに飲んだのは、6月の送別会以来だ。

東京だったら、このままオールナイトに突入するところだが、幸か不幸か、まだNYナイトライフには疎いし、じーたとそすは、これからダウンタウンの寮まで帰らないといけない。
というわけで、NY初の同期飲みは無事11時半頃お開き。

・・・ところで、それだけ飲めばお代もそれなり、ということで、会計を見たら、皆な酔いが半分ぐらい醒めてしまった・・・今度は20ドルで日本酒飲み放題と噂の店かな・・・
[PR]
# by 47th | 2004-08-25 08:19 | Miscellaneous

ちょっと仕事のことなど

さて、渡米してから1か月が過ぎた。
このblogを見ていると、何だか遊んでばっかりみたいだけど、ちゃんと平日は仕事に行って真面目に働いている(つもり)。
セントラルパークのすぐ傍の仕事場へは歩いて30分ぐらい。電車だと10分ぐらいだけど、雨や急ぎでない限りは大体歩いて通勤する。
47丁目からまっすぐ北上するとセントラルパークにつきあたる。少しだけ遠回りになるけど、この季節セントラルパークの中の歩道を歩くのは気持ちがいい。

定刻というのはないのだが、大体9時半ぐらいには到着。
まずはパソコンを起動してメールをチェック。といっても、研修みたいなものだから朝から緊急のメールが入っているようなことはまずない。
ccで入ってくるメールを一通りチェックしたら、仕事にとりかかる。

さて、どんな仕事が多いかといえば・・・日本語で書かれた文書のレビュー、要約、翻訳の作成がほとんどだ。
段ボール一箱分、2000頁近くのドキュメントをひたすら眺めて、メモを作ったり、新聞記事を翻訳したり・・・翻訳会社に頼んだ方が速いし正確だろうに、と、思いながら、黙々と作業。
そうやって翻訳をしていると、日本語という言語の曖昧さがよく分かる。主語が省略されるのは当たり前だし、代名詞や略語が頻繁に出てくるので、背景が分からないと日本語で読んでも訳が分からない。それに加えて、筆跡が汚いと元の単語を推察するのも一苦労。何とか判読しようと、斜めにしたり、薄目で見てみたり、透かしてみたり・・・と、虚しい努力に時間を費やす。

あとは、週に2回、定例電話会議に参加できることになっているが・・・電話会議というのは曲者で、何だか何箇所も電話でつなげて、しかもそこにそれぞれ何人もいるから、参加者は20人以上にもなり、一体誰が話しているんだか検討もつかない。その上、電話の声はくぐもりがちで聞きづらい上に、ニューヨーカーは早口、背景情報を知らないから話題もよく分からない、という、三重苦状態・・・何とかメモをとろうとするけど、断片的な単語をメモするだけで終わってしまう。

部屋は窓際の二人部屋。同室者はテキサスはダラス生まれのお育ちのよさそうなナイスガイ。(でも、それを知らずに、隣の部屋の奴から「アメリカンフードには慣れた?」と聞かれたとき、テキサスみたいに肉ばっかりということはないから大丈夫という気持ちをこめて"Far better than Texas food!"と思いっきり大声で言ってしまったけど・・・)
気を使っていてくれるのか、月曜日にはいつも「週末は何をした」と聞いてきてくれる。7月は暇さえあれば、ネットでメジャーリーグの成績とかチェックしていたのだが、8月の前半はかなり忙しそうだった。
でも、総じていえば日本に比べると随分のどかで、金曜日ともなると早々と仕事を切り上げる。

翻訳みたいなことばかりと言っても量はあるから、それなりに忙しいのだけど、やっぱりそうした仕事だけだと少しつまらなくもある。
というわけで、最近は、自分の興味のある分野の仕事を日本から持ってこれないかと画策中
・・・でも、何だか自分の首を絞めているような気もしないでもない・・・
[PR]
# by 47th | 2004-08-25 07:49 | Impressions

ホテル選びは慎重に(7・完)

さて、月曜日の朝も連絡は何もなし。
まあ、ここまで来たら焦ってもしょうがない。
もうホテルを移ったわけだから、あとは腰を据えて戦うまで・・・と、思って、月曜日はNew Yorkでの初出勤へ。
オリエンテーションということで、一日中マンツーマンで英語をまくし立てられて、ややふらふらしながらホテルに帰ってくると、メールが2通。
まずは、11時頃に、

I have left a voice mail for the hotel's general manager asking about the quality of the hotel and your reasons for leaving. After I receive a reply from the hotel I will submit your request for a refund.

どうぞ、どうぞ。
聞いて下さい。

と、もう1通は12時台に。

We have received your request for a refund. We would like to inform you that our policy on booked reservations accepted at the time of purchase does not allow for a refund. The pre-paid reservation you booked into from home or business is a special rate provided directly to our parent company and does not incorporate the cost of doing business. These special agreements enable us to offer better rates than other hotel reservation services.

まあ、そういうことなら、そういうことで、とっても重要なことなんだから、もっとはっきりと言ってくれないと。
そう言ってくれれば、こちらもそんな長期の予約をとらなかっただろうし・・・それに、チェックインする前なら1日前までキャンセルOKで、チェックインした瞬間、残りの宿泊予定を一切キャンセルできないというのは、やっぱり納得できない。

・・・と、まだ続きが・・・

Fortunately the hotel was willing to work with us so that we in turn were able to credit you the remainder of the nights not consumed. This is not our general practice. This credit was up to the discretion of the hotel due to contracted obligations with hotels.

・・・Fortunately?・・・これって返金する、っていうこと、だよね?
と、まだ続きが・・・

Please re-visit the website you confirmed through Hotels By City and notice there are terms and conditions applicable to the pre-paid reservation. Upon arrival and check in at a hotel, you are responsible for the entire length of stay. No refunds or credits will be issued for any nights reserved but not consumed. You may also find questions answered under the help feature.

・・・大丈夫、これで十分懲りたから、もう今度から使わないのでご安心を。

それにしても、何とか最後は事なきを得たし、途中、闘争本能に火が点いたりしたけど、やっぱり疲れた。。。

タクシー乗るなら黄色いタクシーの次の教訓。
長期間滞在するなら、ホテル選びは慎重に・・・・以上!
[PR]
# by 47th | 2004-08-20 13:00 | Happenings!