RUSH(1)

 日本での海外アーティストのライブというのは、今やそれほど珍しくはない。TOP40入りしたアーティストのアルバムは日本でも殆どタイムラグなく発売され、来日公演もすぐに企画される。
 東京では、いつでもどこかで「来日公演」が開かれている。
 でも、それでも日本では絶対に見ることのできないアーティストというのは存在する。
 その一つがカナダ出身のトリオ・ロック・バンド”RUSH”だ。
 “RUSH”を初めて聞いたのは、高校時代、バンドを一緒に組んでいた友達の下宿で、「今度これをやろうぜ」と言って聞かされたときだった。やたら音数が多くテクニカルな演奏に「人数が足りない」と言って却下しようとしたぼくに向かって、天然パーマが爆発した怪しいベーシストは「大丈夫、これ3人でやってるから、しかもライブで」とにやりと微笑んだ。哲学的で韻を含んだ歌詞を歌いあげながら、右手で開放弦を使ったベースラインを操り、左手でキーボードを叩き、足元ではシンセ・ペダルを踏むゲディ・リーが「蛸男」と呼ばれるのを知ったのは後のことだ。
 けれども、黒板を爪で引っかいたときの音に似ていなくもないゲディ・リーの独特なハイトーン・ボイスと、一体どこが小節の区切りなのか分からない変拍子は、LAメタルをこよなく愛する早弾き命のギター少年には難しすぎた。
 “RUSH”を再発見したのは、気がつくとKING CRIMSONの”RED”を口ずさみ、P.F.M.なんていうイタリアのバンドのフルネームをすらすらと言えるようになった大学時代だった。
 でも、既にその頃にはRUSHは日本に来ない、というのは定説になっていた。理由については、1984年の一度だけの来日公演でのレンタル機材がお気に召さなかったという説がどうも強いらしいけど、ともかく以後噂はあれど来日公演は実現していない。
 そのRUSHがNYのRADIO CITY MUSIC HALLでバンド結成30周年記念のコンサートを行うことを知ったのは偶然だった。観光名所としても有名なRADIO CITYの前を通ったときに見た”RUSH”という文字。一度通り過ぎたところを戻って確認したけど、やっぱり”RUSH”・・・
 TICKETMASTERでチェックして、ややお高めながらチケットを入手・・・と、言いたいところだが、これがまた一苦労。
アメリカに来たばかりで、ドル建てのカードをまだ持っていなかったので、日本のカードで決済しようとすると、住所が違うので決済できない・・・
またまたカスタマーサービスに電話して(・・・なんかこういうことが前にもあったような・・・)、ごちゃごちゃとした結果、直接ボックス・オフィスにパスポートとクレジット・カードを持ってとりに行けということで落ち着いて・・・?ん、それって、ネットでとった意味がないんじゃないか?・・・
まあ、そうやって何やかやでチケットを手に入れて、当日、気合いを入れていざRADIOCITYへ!・・・・cont'd
[PR]
by 47th | 2004-10-14 12:59 | Entertaiments


<< RUSH(2) 再開 >>